STORY

ジュエリーブランドの様々な情報を発信

『オークションの世界 VOL.4 』手数料のチェックや事前リサーチ。本気でいい宝石を落札したい人は必読!

Written by HARADA Nobuyuki

世界的に人気上昇のレアカラーストーン。事前調査とラボのレポートを鵜呑みにせず、自分自身の目で判断したい。

 


オークションで購入をするにはオークション 会社に登録をしてカタログを購入することから始まる。カタログと言えばブランドやメーカー の販売促進のためのものが一般的だが、オークションのカタログは情報を正確に伝えることを主眼としている。

まずは日程を確認する。オークション当日は もちろんのこと下見会の場所、日時も重要だ。 下見会ではカタログで目星をつけたものを手に 取って見ることができる。通常、オークションの2、3日前からオークション当日の午前中ま で行われる。遠方の方は当日の午前中に下見してオークションに臨むのが効率的だ。 現実的に大事な情報として手数料のチェック は不可欠だ。オークションでは高額になればな るほど手数料が低くなる。例えば、国際的なオー クションでは 25万ドルまでは落札価格の25 %、25万ドルから38 万ドルまでは20 %、 38万ドル以 上は 12.5%という具合になる。分かりづらい ので下記に 万ドルで落札した場合の手数料を 表にしたので参考にして頂きたい。

高額落札ほど手数料%が低くなる。国内のローカルオークションは国際オークションよりも手 数料は低くなるのが一般的で、同じようなスペッ クのものはローカルオークションが割安である。 カタログ本編の個別ロットのページでは画像 とデータを確認することができる。画像は基本 的に実物大に近いものが載っている。心配なら データにジュエリーのサイズやメインストーン のサイズが記載されているので確認すると良い。 大事なのはこのメインストーンの寸法だ。親切なカタログは縦 × 横 × 深さが記載されている。

記載されていなくてもオークション会社に問い 合わせれば教えてくれる。重量(カラット)も もちろん記載されているが、見た目の大きさの ほうが大切だ。特にカラーストーンは深いものが多いので重量よりも見た目が小さくなる。一 概には言えないが、目安は短辺に対する深さの 割合が 70%を超えると気をつけたほうがよい。 カラーストーンは深さだけでなくパビリオン側 のバルジ(裏側の膨らみ)も重量に大きく影響 するので余計難しい。浅くてきれいな石の場合 はお買い得なことが多いことも覚えていたほう がよい。

価値に大きく影響するダイヤモンドのグレー ドやカラーストーンの産地、処理の意見が記さ れたレポートの主な内容もチェックポイントだ。 国際オークションの場合はダイヤモンドのレ ポートは GIA に限られている。ローカルオーク ションも大粒ダイヤモンドはほとんどが GIA だ。 一方、カラーストーンはどのラボがどのような 意見を述べているかをプロは見ている。伝統のあるスイス勢の SSEF や GUBELIN と米国の AGL は、国際的に評価が高くプロが好む。最近では資本力のあるGIA のカラーストーンレポートも台頭してきている。ラボの間でも意見が異なるこ とも珍しくないので高額な宝石には複数のラボ の意見が添えられている。レポートの内容がカタログに掲載されていなくてもオークション会 社に問い合わせればコピーをファクスかメール で送ってくれるので気になるものは確認が必要だ。とは言ってもいかなるラボの意見も鵜呑みは禁物で、まずは自分自身の目で美しさを判断 することが大前提だ

価格帯価格帯手数料%50万ドルの内
価格帯対象金額
価格帯手数料
〜$250,00025%$250,000$62,500
$250,000〜$380,00020%$130,000$26,000
$380,000〜12.5%$120,000$15,000
合計$500,000$103,500
50万ドルで落札した場合の手数料

原田信之(Harada Nobuyuki)
株式会社ジュエリーアドバイザーアンドギャラリー 取締役社長
30年間で百数十回に及ぶ宝石の海外買い付けとジュエリーのプロデューサーの経験を生かして、相続、オークションの査定や資産性のアドバイスを行っている。

さらに読みたい方に

ジュネーブ、ニューヨーク、香港。世界最大オークションの特色


IMAGES

関連記事一覧