EVENT

イベントや展示会のお知らせ

イタリアン・エキシビション・グループ(IEG)とヴィチェンツァオロ、世界のバイヤーとライブ・トレードを開催 2020年9月12日〜14日

Written by WATANABE Ikuko

移動できない海外バイヤーとヴィチェンツァオロ出店企業を結ぶ初の試み「VOICE」。緻密なプラットフォームによるバーチャルトレードに注目


イタリアの最大のジュエリーショー、ヴィチェンツァオロ(VICENZAORO)が9月12日(土)〜14日(月)開催されます。会場はもちろん徹底した新型コロナウイルス感染対策をとっていますが、注目はオンラインとオフラインを連動させたプラットフォーム。このショーを主催するイタリアン・エキシビション・グループ(IEG)はイタリア外務省ならびにイタリア貿易促進機構、またイタリア産業総連盟やイタリア金銀細工連盟などと協力し、全世界のバイヤーとヴィチェンツァオロの出店者を結ぶ初の試み「VOICE」を実施します。ヴァーチャルトレードに参加できる会社数は各国限定されていますが、期間中、会場で行われる多数のセミナーは世界に同時配信され、誰でも聴講可能です。セミナーのテーマは、サステナビリティ、トレンド&デザイン、イノベーション&テクノロジーなどが含まれます。これまで何度か、筆者は現地でこのようなセミナーに参加していますが、イタリアのみならず、ヨーロッパやアメリカのジュエリー企業、ファッションブロガー、インフルエンサーを交えたセミナーは、日本国内では得ることができない情報が詰まっており、ジュエリービジネスに携わる人にはおすすめです。VOICEはヴィチェンツァオロの会場の7箇所に最先端のブロードキャスティング・システムを設置し、YouTube、Instagram、Facebookで同時配信されます。VOICEのサイトで名前やEメールアドレスなどを登録すれば、日本からも参加することができます。

ヴァーチャルトレードでは、登録バイヤーはA〜Zにリストされた出店者の中から興味のある企業にアポイントを入れてミーティングを行うことができます。リストとともに、各出店者のアポイント状況がわかるカレンダー、コレクション、ホームページのリンクが設置されています。

VOICEの名称は、文字通りトレンドや経済活動の再開を発信し、「V」は“立ち直る”“成長”を意味し、さらにロゴは「チェック=確認」を象徴しています。

2021年1月のヴィチェンツァオロではさらに大型のVOICEが期待できるでしょう。

時差に注意して、ぜひVOICEに参加してみてください。

https://www.vicenzaoro.com/en/voice


IMAGES

関連記事一覧