FEATURE

ブランドジュエリーオリジナルの特集記事です。

ショパール

ショパール(Chopard)の「サステナブル・ラグジュアリーへの旅」。共感した女優マリオン・コティヤールとニューコレクションを発表

Written by WATANABE Ikuko

「本当のラグジュアリーとは、製品の起源を知った時のみに感じられるのです。…私たちはこの産業全体を改善するため、どこかで始めなければならない」ショパール共同社長兼アーティスティック・ディレクター、キャロライン・ショイフレ。


責任所在が明確な採掘方法で入手した素材と、メゾンのアルチザンの技術によって誕生した永遠の輝き。「Ice Cube Capsule by Marion Cotillard(アイスキューブ カプセル by マリオン・コティヤール)」コレクション。

今日「サステナビリティ(継続可能性)」は全人類の最も重要な課題です。20世紀に入り環境破壊が進み、絶滅危惧種指定が増えるといった原因を作ったのは私たち人類に他なりません。私たちは地球すべての生命体に責任を取らなければいけません。とはいえ、これまで築き上げてきた生活を中止して、原始に戻ることは到底できないので、国家、企業、個人、それぞれが地球の環境改善のためにできることをしなくてはいけないのです。

ジュエリー&ウォッチの世界で真っ先に環境改善に取り組んでいるのが、ショパールです。ショパールの共同社長でアーティスティック・ディレクターのキャロライン・ショイフレは、2013年「サステナブル・ラグジュアリーへの旅」をコンセプトに、”フェアマインド認証を得たゴールドと責任ある宝飾のための協議会(RJC)”のメンバー企業から仕入れたダイヤモンドを使用し、「グリーン カーペット コレクション」を発表しました。以降、エシカルなラグジュアリーの実現を推進し、環境意識の高い消費者層に支持されています。

そんなショパールが今回発表したのは、フランスの女優マリオン・コティヤールとのコラボレーションによるハイジュエリー「アイスキューブ カプセル by マリオン・コティヤール」。マリオン・コティヤールとショパールとの出会いは、カンヌ国際映画祭で彼女がショパール・トロフィーを受賞した2004年に遡ります。以降、マリオン・コティヤールとショパールの付き合いは深まり、2008年、第80回アカデミー賞で最優秀女優賞を受賞した際、彼女はショパールのジュエリーを着用、2013年、最初の「グリーン カーペット コレクション」を身につけ、2015年にはキャロライン・ショイフレと共同で、フェアマインド認証ゴールドとトレーサブルなブラックオパールをセットした「グリーン カーペット コレクション」ブレスレットを開発しました。マリオン・コティヤールがショパールとのコラボレーションを進めるのは、彼女自身がグリーンピースのメンバーであり、環境保全の活動に参加し、ショパールとの倫理観に共感しているからなのです。

「アイスキューブ カプセル by マリオン・コティヤール」はリング1点とイヤリング6点のハイジュエリーコレクションです。以前から展開する幾何学的な「アイスキューブ コレクション」にマリオン・コティヤールの発想から着想を得た”mix & match”のスタイルを採用し、より現代的なアレンジを楽しめるものとなっています。ショパールは自社で鋳造所を所有する希少なメゾンです。コレクションのゴールドは100%エシカルゴールドを鋳造することができるショパールのアトリエで制作され、フェアマインドラベルを取得しています。

『本当のラグジュアリーとは、製品の起源を知った時にのみ感じられるのです。私たちはこのプロジェクトは大規模であり、まだまだやるべきことがたくさん残っていることを理解しています。ローマは一日にして成らず。私たちはこの産業全体を改善するため、どこかで始めなければならないのです』とキャロライン・ショイフレは話します。

マリオン・コティヤールとキャロライン・ショイフレ。Chopard
リング「アイスキューブ カプセル by マリオン・コティヤール」Chopard
イヤリング「アイスキューブ カプセル by マリオン・コティヤール」Chopard

リングのメーキングシーン。Chopard

取材協力:ショパール
*掲載画像すべて© Stephane FEUGERE _ ZeFashionInsider


関連記事一覧