FEATURE

ブランドジュエリーオリジナルの特集記事です。

ルイ・ヴィトン( LOUIS VUITTON)、549カラットの比類なきダイヤモンド原石「Sethunya」(セトゥーニャ)を公開

Written by MACHIDA Akemi

2020年2月1日、ボツワナのカロウェ鉱山で、比類のない純度、高い光沢度、優れた色を持つ、549カラットのダイヤモンドが見つかる。


ボツワナからアントワープ、そしてパリへ。特大のダイヤモンドの原石は極上の宝石へと磨き上げられ、ルイ・ヴィトンのハイジュエリーの顧客に提供される。

史上2番目の大きさ、1,758カラットのダイヤモンド原石「スウェロ」の大発見から1年も経たずに、またルイ・ヴィトンが549カラットものダイヤモンドの原石を発掘したと発表しました。この希少なダイヤモンドは原石から極上の宝石へと磨き上げられ、ルイ・ヴィトンのハイジュエリーの顧客に提供されます。

世界的に高品質なダイヤモンドが採掘される場所として有名なのは、南部アフリカの内陸に位置するボツワナです。2020年2月1日、澄み渡った晴天の朝、ルカラ・ダイヤモンドが所有するボツワナのカロウェ鉱山で、真面目で普段は物静かな1人の採掘作業員の歓喜の叫び声が響きわたりました。彼女は、非の打ちどころのない特大のダイヤモンドの原石を見つけたのです。

軽量と初期査定を行ったところ、比類のない純度、高い光沢度、優れた色を持つ、549カラットのダイヤモンドであることがわかりました。ルイ・ヴィトンはこのダイヤモンドを1,758カラットの「スウェロ」と同様、ボツワナのカロウェ鉱山の所有者であるルカラ・ダイヤモンドとアントワープを拠点にする世界的に有名なダイヤモンド加工業者HBアントワープと協力し、原石から極上の宝石に磨き上げます。

この549カラットのダイヤモンドの原石はボツワナの公用語、ツワナ語で「花」を意味する「セトゥーニャ」と名付けられ、ルイ・ヴィトンを象徴するモノグラムフラワーにも通じています。何億年、何十億年の時を経て地中の奥深くでダイヤモンドは誕生しますが、この「セトゥーニャ」は、10~20憶年前のものと推定されています。

ルイ・ヴィトンは顧客の要望に応じて、この希少な原石をカット・研磨し、オーダーメイドのダイヤモンドを制作する予定です。ダイヤモンドの輝きを決定づけるのは、原石のクオリティです。この上ない純度と、結晶全体にわたる白さがともに際立った最高品質の原石が、カット後にどれだけの輝きを見せるのか注目を集めています。圧倒的な輝きを放つ、比類なき美しさを備えたダイヤモンドのジュエリーに仕上がるのは間違いないでしょう。

トップ画像:ボツワナのカロウェ鉱山で見つかった549カラットのダイヤモンドの原石「Sethunya」(セトゥーニャ) LOUIS VUITTON

取材協力:ルイ・ヴィトン ジャパン TEL 03-3514-6229


関連記事一覧