FEATURE

ブランドジュエリーオリジナルの特集記事です。

FEATURE VCA

ヴァン クリーフ&アーペル「スピリット オブ ビューティー フェアリー クリップ」 から7つの愛らしい妖精たちが新登場

Written by Brand Jewelry

ヴァン クリーフ&アーペルといえば、女性モチーフのロマンティックなジュエリーが有名。隅々まで作りも凝っていてその精巧さには驚きます。


ダイヤモンドとカラーストーンをパステルのように巧みに使いこなして生まれるジュエリー。

ヴァン クリーフ&アーペル(Van Cleef & Arpels)のジュエリーには愛が満ちています。それは1895年、アルフレッド・ヴァン クリーフとエステル・アーペルが結婚し、1906年、2人で力を合わせてパリ・ヴァンドーム広場22番地に宝石店を構えたという歴史によるものでしょう。

SOLD OUT

アルフレッドはダイヤモンド商で宝石職人の家系に生まれ、エステルの家も宝石商という偶然にも宝石で結ばれた2人でした。パイオニア精神に満ちたカップルは、永遠に残るものを創造したいという共通の夢を抱き、ヴァン クリーフ&アーペルというメゾンを誕生させます。そして、妥協を許さない、徹底的に細部にまでこだわった宝飾作りを目指し、自然への愛や空想の世界を具体化していきます。カップルの想いは継承され、今日のヴァン クリーフ&アーペルの創造すべてに生かされています。

今回新作が加わった女性モチーフのジュエリーは、妖精、女神、チョウ、プリマドンナ、インドの舞姫、舞踏会のドレスを身につけた姿などこれまで数多く作られてきました。中でも妖精のモチーフは、1940年代初期に発表された「スピリット オブ ビューティー フェアリー クリップ」から最新のハイジュエリー&ウォッチ作品まで、メゾンの歴史を彩ってきました。羽が印象的なフェアリーは、今にも羽ばたきそうなほど軽やかな雰囲気です。

新たに加わったのは7つのフェアリークリップ。シンプルなカクテルドレスの胸元につけて、颯爽と出かけみたいジュエリーです。

取材協力:ヴァン クリーフ&アーペル TEL 0120-10-1906


IMAGES

関連記事一覧