EVENT

イベントや展示会のお知らせ

ヨーロッパの宝石箱 リヒテンシュタイン公爵家の至宝展(東京富士美術館)

A Jewel box from Europe
Treasures from the collection of the Prince of Liechtenstein


リヒテンシュタイン公国はオーストリアとスイスに挟まれた総面積160k m2の小国、小豆島ほどのサイズだ。世界で唯一、国家元首である公爵家の名が付いた国でもある。リヒテンシュタインの名は同国の記録によると、1136年に遡ることができ、世界でも最も古い家系の一つである。小国の例に漏れず、大国の侵略や政略に巻き込まれながらも苦難を乗り越え、1806年独立国家となった。

今日リヒテンシュタインは、ヨーロッパ諸国の中でも屈指の豊かさを誇り、その美術コレクションは宝石箱にもたとえられる。東京富士美術館で開催予定の「ヨーロッパの宝石箱 リヒテンシュタイン公爵家の至宝展」は、公爵家秘蔵の絵画と華やかなウィーン窯の陶磁器と合わせて、約130点が展示される。

絵画ではルーベンス、ヤン・ブリューゲル(父)、クラーナハ(父)を含む北方ルネサンスの画家から、バロック、ロココを中心とした油彩画まで、肖像画・宗教画・神話/歴史画・風景画・静物画と、余すところなく紹介する。

陶磁器コレクションは、ハプスブルク家の庇護のもと発展した、一段と華やかな技巧を凝らしたウィーン窯と、ヨーロッパで人気を博した中国の景徳鎮や、日本の有田焼の古伊万里に独自の金属装飾を施した作品が並ぶ。

お知らせ
*「ヨーロッパの宝石箱 リヒテンシュタイン公爵家の至宝展」は、5月2日(土)から開催を予定していましたが、新型コロナウィルス感染症予防・拡散防止のために、当美術館は3月2日より休館しています。再開館の予定が決まり次第、当美術館のウェブサイトなどで発表されます。


東京富士美術館
東京都八王子市谷野町492-1
TEL 042-691-4511
https://www.fujibi.or.jp/

関連記事一覧