RUBY FEATHER PROJECT

「赤い羽根共同募金」コラボ、ルビーネックレス。おしゃれして募金に参加できます!
Buy and donate! RUBY FEATHER PROJECT

日本では子どもも大人も知っている「赤い羽共同募金」。毎年10月1日には、共同募金の活動が駅前などで始まり、誰もが胸元に赤い羽根をさします。そもそも共同募金とはどういうものでしょうか。国内では平成以降、ボランティアや寄付活動が浸透しましたが、「赤い羽共同募金」は戦後直後に始まった募金の先駆けです。この募金の基本は地域の支え合いで、「じぶんの町をよくするしくみ。」を柱に、様々な地域の福祉の解決に取り組む民間団体を支援することを目的としています。赤い羽根をつけるのはちょっと恥ずかしい、でも誰かをサポートしたい。そんな人のために誕生したのが、ルビーフェザーペンダントです。ペンダントトップは羽根がはばたく様子をイメージして作られ、6箇所の可動部により胸元でしなやかで軽やかな表情を楽しめます。お買い上げの商品の10%が「赤い羽共同募金」に寄付されます。人知れず社会貢献したい人におすすめしたいジュエリーです。

Red feather welfare fund is the most familiar fund activity among all ages in Japan. The community chest began fundraising with a red feather in 1947 shortly after World War Ⅱ to emphasize helping afflicted people and orphans. Afterward, the principal point of activity changed; the community chest works on “structure making own town better.” It supports the private sector with problems of various community-based welfare to be able to live in peace. As time passed, a jewelry whole seller and manufacture launched a new type of red feather, a beautiful pendant made of hundreds of rubies by the hands of a highly-skilled goldsmith. The necklace has six movable parts that give soft and light as similar to the feather.  When you purchase this pendant, we will donate 10 % of the price to the community chest.

ルビーペンダント

ルビーペンダントネックレス
Necklace
¥418,000

ルビーペンダント

ルビーペンダントネックレス S
Necklace
¥308,000